Handmade Labora  

about

『ほら、思いがけない たからもの』
物語が宿る素材に、つくり手の感情を織り込むことで生まれるただひとつの輝き。それがdorbのものづくり。


dorbを紡ぐ3本の糸 −アーティスト・プロフィール−

サイコ
幼少期にものづくりの楽しさに目覚め、美術大学卒業後はアートのために渡仏。絵画彫塑溶接などを学び、今もアーティストとして活動中。帰国後は、コバ、ミホと一緒にdorbをスタート。ものづくりには貪欲で、少し癖のある個性的なものや、配色、異素材の組み合わせを考えるのが大好き。在仏時代のネットワークを活かして、希少な材料も調達できる。インスピレーションの源は、大好きな映画。

コバ
幼い頃、おしゃれ好きの母が買ったビーズのカバンの美しさに魅了され、ものづくりの世界にのめり込む。フエルトで小さなカバンをつくって遊ぶことが楽しくなり、さらには編み物刺繍へと作品の幅を広げる。長年に渡る手芸マニアキャリアのおかげで、道具や材料に詳しいのが自慢。身につけるより、つくる方が好き。

ミホ
「心まで華やぐおしゃれを、日常の中に」という思いから、アクセサリーなどのものづくりに取り組む。激しいものや奇抜なものは苦手で、好きな色と言えばベージュ、水色など。大人しいけれど、よく見ると可愛いというものを目指し、優しくてホッとする作品をつくることを心がけている。庭の薔薇作りが好きで、そこから得る発想をデザインに生かす。


  • Home
  • About